10月21日はあかりの日


10月21日はあかりの日だよ。

1879年10月21日、発明家のトーマス・エジソンさんが白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電球工業会など照明関係の四つの団体が定めたものなんだ。あかりのありがたみを認識し、より良いあかりのあり方について考えるきっかけにしてほしいそうだよ。

あかりについては、今年はみんないっぱい考えたんじゃないかなあ。全国的に節電ムードで、前までは当たり前のように点いていた電灯のスイッチがオフにされたり、電球や蛍光灯が外されたりしているよね。

それによって、あかりがなくてもいいところと、あかりがなければ不便だったり物騒だったりして困るところが分かってきたと思うんだ。例えば、大きなオフィスビルのエントランスは多少暗くても平気だけど、人通りの少ない地下道は暗いと怖いとかね。今後も必要なところに必要なだけのあかりを使う習慣を続けたいものだなあ。

などと考えていたら、家の中のあかりにもまだまだ無駄があるんじゃないかって気がしてきたよ。本当にあかりが必要なのは、実は火や包丁を使う台所と、鏡を見る洗面所ぐらいしかいらなかったりするんじゃないのかい?ということで、台所のシンクの上と、洗面台を残して電球と蛍光灯を外してしまったよ。

そしたら、お風呂やトイレはどっかから手でも出てきそうな猟奇的な雰囲気だし、食べ物は色が見えないと味まで変わってしまったようで、全然くつろげなかったなあ。節電も大切だけど、やりすぎは禁物だね。

今日は何の日のイラスト(10月21日:あかりの日)

うっかりしている。

カテゴリー: 10月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree