6月16日は和菓子の日


6月16日は和菓子の日だって知っていたかい?時は西暦848年の6月16日。仁明天皇という人が、「病気になりませんように」、「健康で幸せになれますように」との祈りをこめて、お菓子やお餅を神様にお供えして、元号を「嘉祥」と改めたらしいね。

これを「嘉祥菓子」と言うらしいんだけど、この昔のイベントにちなんで、全国和菓子協会というところが1979年に作ったのがこの「和菓子の日」なんだ。

「嘉祥」っていうのは、今の言葉で平たく言うならば「おめでたいしるし」くらいの意味になるらしい。ふだんあまり和菓子を食べることはないんだけど、何かと暗いニュースが多い中、おめでたい話は大歓迎な僕としては、注目しないわけにはいかないね。

ということで、今日は和菓子づくりに挑戦だ。和菓子といえば、言わずもがなの職人の世界ということで、僕もかなりの覚悟を決めて近所の和菓子屋さんの門をたたいてみたよ。でも、見習いの仕事としてやらせてもらった材料をこねる作業だけですっかりくたびれて、眠りこけてしまったなあ。

体が小さいと何かと大変だね。。。

しばらく経ってなんだか窮屈な感じがするので目覚めてみたら、いつの間にかお菓子の中に練り込まれてしまっていたよ。どんなお客さんが買っていくのか知らないけど、かなり「おめでたい」人なのは間違いなさそうだね。

今日は何の日のイラスト(6月16日:和菓子の日)

うっかりしている。

カテゴリー: 6月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree