10月13日はさつまいもの日


10月13日はさつまいもの日だよ。

さつまいもの旬が10月であることと、さつまいものまたの名を「十三里」ということから、川越いも友の会が定めた記念日なんだ。さつまいもが「十三里」と呼ばれるのは、昔からおいしいさつまいもが採れると評判だった川越が、江戸から十三里(約52㎞)はなれていることに由来するそうだよ。

最初に「十三里」という看板をかかげて焼き芋を売ったのは江戸の小石川の焼き芋屋さんなんだって。「栗よりうまい」ということで「九里(くり)+四里(より)=十三里」という話もあるみたいだよ。昔の人はしゃれがきいているね(・w・)/

さて、そんなさつまいもの日の今日、ぼくは地元のいも堀りに参加しているなあ。採れたさつまいもは、現場で焼き芋にしたり天ぷらにしたり豚汁に入れたり色んな方法で楽しめるというから楽しみにしていたんだ。

でも、つるにからまりながら、必死でいもを掘っていたら、いつの間にかつるや葉っぱと一緒に片付けられて、身動きがとれなくなってしまったなあ。

今日は何の日のイラスト(10月13日:さつまいもの日)

はるか向こうにはおいしそうなさつまいもが山と積まれていて、みんながきゃっきゃいいながら鍋やらたき火やらの準備をしているよ。僕はこうして指をくわえて眺めているしかないのかい?

うっかりしている。

カテゴリー: 10月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree