10月8日は入れ歯デー


10月8日は入れ歯デーだよ。

10月8日の「108」が「1(い)0(れ)8(ば)」と読む語呂合わせで、全国保険団体連合会が1992年に定めた記念日なんだ。また、それとは別に、2005年に日本歯科技工士会が入れ歯感謝デー・歯科技工の日を定めているよ。

人間が入れ歯を作って失った歯を補うということは、5000年近く前から行われてきたんだって。今も残っている世界最古の入れ歯は日本の室町時代のもので、なんと木でできているんだ。なんだか痛そうだけど、やわらかい材質の木を使ったり、口に合わせるために精巧な彫刻をほどこしたりという工夫がされているよ。

西洋では、長らく象牙や陶器が使われていたけれど、1856年にゴム床の入れ歯が開発され、快適度が格段にアップしたらしいね。その後も、快適な着け心地の追求は行われ続け、今の主流はプラスチック床のもの、最近ではよりあごにフィットして、食べ物の温度も感じられる金属床の入れ歯なんかもできているらしいなあ。

さて、くしくもそんな入れ歯の日の今日、近所のお婆ちゃんが入れ歯をなくしたっていうんで、朝から探すのを手伝っていたよ。でもどこにもなくってね。ひとまずあきらめてお茶でも飲もうかということで、お茶筒を開けたらそこに入れ歯があったなあ。

今日は何の日のイラスト(10月8日:入れ歯デー)

大事にしなきゃということで、仕舞い込んで、そのまま忘れていたらしいんだけど、あれは思わぬところで見ると心臓に悪いね。

おどおどしている。

カテゴリー: 10月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree