9月24日は歯科技工士記念日


9月24日は歯科技工士記念日だよ。

1955年9月24日に、日本歯科技工士会が発足したんだけど、それを記念定められたものなんだ。歯科技工士さんっていうのは、歯医者さんが作った指示書にもとづいて、入れ歯や差し歯、歯の詰め物などを作ったり加工したりする人たちのことだよ。国家資格の歯科技工士試験に合格した人たちだけが就くことができる職業なんだ。

入れ歯や詰め物なんかがきっちり合っているかどうか、また見た目にもキレイかどうかは、患者さんの健康や生活を大きく左右するから、優秀な歯科技工士さんの存在というのは、とてもありがたいことだよね。

でも、優秀な歯科技工士さんの確保は、年々むずかしくなっていってるらしい。どうやら彼らの努力や技術に見あうだけの報酬が支払われていないというのが、問題のひとつみたいだね。原因は、保険の点数のシステムだとか、色々ややこしい話になるようだけど、ちゃんとした仕事が、ちゃんと評価される世の中になってほしいなあ。

と思うと同時に、職人に憧れる僕としては、技工士さんの仕事をいちど体験してみたくってね。近所の歯医者さんに出入りしている技工士さんにお願いして、練習用の模型をさわらせてもらえることになったなあ。きゃっきゃ。ところが、手がすべってものの5分もたたないうちに模型を破壊してしまったよ。

今日は何の日のイラスト(9月24日:歯科技工士記念日)

パソコンで絵を描いたりしているときは、失敗しても「戻る」をクリックすればすむことが多いけど、こういう仕事だとそういうわけにはいかないよね。そういう意味でも歯科技工士さんをますますリスペクトした1日だったなあ。

しっかりしている。

カテゴリー: 9月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree