9月19日は苗字の日


9月19日は苗字(みょうじ)の日だよ。

江戸時代は、公式に名字を名乗ることを許されていたのは貴族と武士だけだったんだけど、明治3年9月19日(これは旧暦だよ。西暦だと1870年10月13日となるよ)、明治政府が戸籍を整理するために、「平民苗字許可令」を出して、平民にも苗字を名乗ることを許したんだ。

貴族や武士だけに与えられていた権利が一般市民にも与えられることになったんだから、それはもうお祭りさわぎになったんじゃないかと想像してしまうよね。でも、実際はそうでもなかったみたい。

というのは、苗字を付けたら、税金をたくさん取られるんじゃないかとか、兵隊にとられるんじゃないかとかいう警戒をして、苗字をつけなかった人もたくさんいたんだって。

実際、明治政府はそういうことをもくろんで苗字を許可したみたいで、国民に魂胆を見透かされてあせったみたいだなあ。明治8年「平民苗字必称義務令」を出して、国民は全員苗字を名乗らなきゃいけないことにしたよ。

そこでしぶしぶ苗字を付けることになった人たちの多くは、山に住んでいるから「山田」さんとか、素直に苗字を考えたらしいんだけど、政府への反発からおかしな苗字を考えた人もいたみたいだよ。たとえば、酒を飲んでくだを巻くから酒巻さんとかね。ちょっと珍しい苗字の人は、ご先祖がユーモアと反骨精神の持ち主だった可能性があるから、調べてみると面白いかもしれないなあ。

しかし、苗字って、考えろっていわれてもなかなか思いつかないもんだね。僕もこれまで「ピクじろう」という名前だけだったから、今回苗字を考えてみたんだけど、これじゃ反骨とはほど遠いとのそしりは免れないかもだね。

今日は何の日のイラスト(9月19日:苗字の日)

もっさりしている。

カテゴリー: 9月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree