8月23日は白虎隊の日


8月23日は白虎隊(びゃっこたい)の日だよ。

明治元年にあたる1868年の8月23日、会津藩(今の福島県と新潟県の一部だよ)の部隊「白虎隊」のメンバーが、会津戦争の戦闘中に飯盛山で自害したことにちなんだものなんだ。

白虎隊っていうのは、16歳から17歳のお武家さんの男の子たちから成る部隊でね。本来は予備の兵力として、城下の防衛にあたるはずだったんだ。でも、会津藩の主力部隊が、最新の装備をもつ新政府軍にどんどん押されてしまってね(あ、ちなみに会津藩は幕府側だよ)。白虎隊もやむなく前線に出ることになったよ。

その白虎隊の中でも二番隊のメンバーは激しい闘いに巻き込まれてしまってね。負傷者を抱えながら郊外の飯盛山へと落ち延びたんだけど、そこから見えたのは炎に包まれている城下の光景。そこで、もはやこれまでということで、二十人が自害を決行したという悲劇のストーリーなんだ。

よく語られているのは、お城が落ちたと勘違いしてこれを悲しみ、自害したという話なんだけど、実は、二十人のうち唯一生き残った飯沼貞吉さんの話ではそうではなくてね。お城が落ちたとは思っていなかったんだけど、負け戦は目に見えていたので、敵に捕まり生き恥をさらすぐらいなら自害しようという話になったらしいんだ。

勘違いが元で死んじゃうなんて、かわいそうだけど随分うっかりした話だなあと思っていたんだけど、そうではなかったんだね。白虎隊の名誉のために、今日はこの話をみんなに広めたいと思うよ。

今日は何の日のイラスト(8月23日:白虎隊の日)

しっかりしている。

カテゴリー: 8月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree