8月15日は刺身の日


8月15日は刺身の日だよ。

むかしむかしの日本にも魚を生で食べる習慣があったんだけど、最初は「なます」と呼ばれていたらしいんだ。それが「刺身」と呼ばれるようになったのは室町時代なんだって。

なんでも当時、書記官だった中原康冨さんという人が、「鯛なら鯛と分かるように、その魚のひれを刺しておくので刺身」ということを1448年の8月15日日記に書いているんだけど、それが「刺身」と言う言葉が書物に登場した最初らしいんだ。それで8月15日は刺身の日ってわけだね。

そんな刺身の日のきょう、僕は海に釣りに来ているなあ。社長と専務はお刺身が好きだから、新鮮なものを食べさせてあげたいと思ってね。

もちろん、僕もお刺身は大好きだよ。まぐろにはまちにかつおにいかに、何でも好きだけど、今日はお刺身を記念する日だから景気よく鯛ねらいでいきたいところだなあ。

でも、問題は、さっぱり釣れないうちに日が落ちてきてしまったことなんだ。

今日は何の日のイラスト(8月15日:刺身の日)

このままいくと、魚屋さんで買った鯛をクーラーボックスに入れて、さも自分が釣ったような顔をして帰るというベタなことをしなくてはいけないのかい?それではマスじろうになってしまうわあ(・w・;

うっかりしている。

カテゴリー: 8月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree