中黄とはどんな色?麻酔薬の開発でおなじみの花岡青洲さんのエピソードを交えながらご説明いたします


中黄(ちゅうき)

ピクじろうの色名辞典のコーナー、
栄えある一回目にご紹介するのは
「中黄(ちゅうき)」という色だよ。

中黄とは、源氏物語などに、
「浅黄」と「深黄」の中間の色として登場するらしいから、
けっこう古い色名だね。

ただ、源氏物語の中黄と、
現代の中黄が同じ色かどうかは
定かではないらしい。。

ちなみに、現代における中黄は、
少し緑色が入った明るい黄色で、
けっこう人工的な色なんだよね。

色見本と似た色が入った画像を集めてみたところ、
黄色のガラスとか、レモンキャンディーとか、
人工物ばかりになってしまったよ。

たしかに、平安時代にこんな色があったとは、
ちょっと想像しにくいなあ。

でも、江戸時代に、
麻酔薬の開発で知られる
花岡青洲(はなおかせいしゅう)さんが考案し、
現在も作られている
中黄膏(ちゅうおうこう)っていう塗り薬の色が、
現代の中黄の色見本より
さらにビビッドな蛍光イエローでね。

それでいて、その成分を見てみたら、
オウバク(キハダ)、ウコン、ミツロウなど
古くからあるものばかりなんだ。

どうやら、昔からある自然の色=おだやかな優しい色
とは限らないようだね。
色の世界とは実に不思議や。

奥深している(・w・)/

カテゴリー: ピクじろうの色名辞典, 和色名   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree