5月24日は伊達巻の日


5月24日は伊達巻の日だよ。

厚焼き卵などお寿司の具をつくっている株式会社千日総本社が、華やかで栄養豊富な「伊達巻(だてまき)」を、日本の食文化として広く後世にに伝えていくことを目的として定めた記念日なんだ。5月24日という日にちは、伊達巻の名前の由来といわれる伊達政宗さんの命日が、旧暦の5月24日であることによるよ。

伊達巻は、お魚やエビのすり身に、溶いた卵を加えて混ぜ、みりんや砂糖、しょうゆなどで味を付けて焼いたものを「巻き簾(まきす)」を使ってロールケーキみたいに巻いたものだよ。玉子焼きの豪華版といった感じで、おせち料理の定番となっているほか、巻き寿司を巻く材料になったりもするなあ。

インターネットで伊達巻きのレシピを見たところ、ご家庭では、すり身の代わりにはんぺんをすりつぶして使うのが一般的みたいだね。なるほど、それなら簡単にできそうだ。ということで、僕も作ってみることにしたよ。ただ、普通じゃ面白くないよね。そこで、すだれを巻き簾がわりに使って巨大伊達巻きにチャレンジしてみたんだ。そしたら、何がどうなったか、自分が玉子といっしょに巻き込まれてしもうたわあ。

5月24日(伊達巻の日)のピクじろう

あったかくてふわふわしていて、嫌な気はしないけれど、いい匂いが鼻先でしているというのに、食べられないというのは何とも酷な話だね。

うっかりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree