5月21日は小学校の日


5月21日は小学校の日だよ。

1869年5月21日、京都市に日本で初めての小学校「上京第二十七番組小学校」と「下京第十四番組小学校」が開校したことを記念するものなんだ。

「番組(ばんぐみ)」っていうのは、当時の京都の住民自治グループのことでね。京都では、1972年に国による学校制度がはじまる前に、住民の手によって学区制の小学校が運営されていたんだよ。上にあげた2校を皮切りに、約7カ月の間に64の番組小学校を一気に開校させて、全国の関係者をおどろかせたなあ。国の小学校としてはじめて設置されたのは、官立の東京師範学校附属小学校(現在の筑波大学附属小学校)。1873年1月15日のことだったよ。

ただ、「小学校」という名前はずっと使われていたわけではないんだってね。1886年には「尋常小学校」と「高等小学校」が設けられたり、戦時中の1941年にはそれらが廃止されて「国民学校」となったりで紆余曲折があって、「小学校」という名前が復活したのは、戦後の1947年なんだって。国民学校は、「子供が鍛錬をする場」と位置づけられ、国に対する奉仕の心を持った国民をそだてることを目標としていたらしいけど、戦後の小学校はどうなんだろう。現代の小学校の教育の目的を調べてみたよ。

小学校における教育の目標(Wikipedia「小学校」より)
http://tinyurl.com/c2gy64d

うーん、国語、算数、理科、社会をおさめて、健康で安全な生活をおくるために必要な知識や生活習慣を身につけ、芸術の心をつちかい、まわりの人に対する協調性をやしなうとともに自律の心をもつためのことをしているのかあ。わわわ、小学校とは、実はたいへんなところだったんだね。

僕なんかは、通学の真似事をするだけでくたびれてしもうたわあ。小学生のみんなは、くれぐれも無理をしないでほしいと思うよ。

5月21日(小学校の日)のピクじろう

ぐったりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree