5月20日はローマ字の日


5月20日はローマ字の日だよ。

日本語の表記をローマ字とするべきだと主張したローマ字論者の一人で、「日本式ローマ字」を考えた物理学者の田中舘愛橘(たなかだて あいきつ)さんの命日が5月21日であることにちなんで、「日本のローマ字社」が1955年に定めたよ。田中さんの命日は21日なのに、20日を記念日としたのは、きりのいい数字の日にしたかったかららしい。なんだかすっきりしないなあ|w・)

さて、田中さんの考えた日本式ローマ字は、小学校で教わる「訓令式ローマ字」の基礎となったものだよ。この方式のローマ字は、日本語の五十音表に対応していて、「し」は「si」、「ち」は「ti」「つ」は「tu」「ふ」は「hu」、「じ」は「zi」と書くんだ。また「おう」のように伸ばす音の場合は、アルファペットの上に山のような形をした記号をつけるよ。わかりやすいよね。

ところが、駅名や道路標識に使われているローマ字は「ヘボン式」といって、「し」は「shi」、「ち」は「chi」「つ」は「tsu」「ふ」は「fu」、「じ」は「ji」と書くし、音を伸ばすときの記号もあったりなかったりする。たとえば、僕の名前は、日本式では「pikuziro」と書いて「o」のうえに記号を付けることになるけれど、ヘボン式だと「pikujiro」となるなあ。ややこしくしている。

ちなみに僕は「pikujiro」という書きかたが気に入っているから、田中さんには悪いけどヘボン式派かもだなあ。ただ、うちの屋号「素材屋小秋」をヘボン式でローマ字にして「SozaiyaKoaki」とドアに貼りだしたら、お惣菜屋さんと間違えてコロッケやサラダや煮物を求めて来る人が続出で困惑してしもうとるわあ。

5月20日(ローマ字の日)のピクじろう

ローマ字って、単純なようでなかなか難しいもんだね。

もやもやしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree