5月18日は18リットル缶の日


5月18日は18リットル缶の日だよ。

18リットル缶とは、灯油や食用油などを入れる大きな直方体の缶のことでね。むかしはお米が1斗入る容量があることから「一斗缶」、石油の入れものとして使われていたことから「石油缶」と呼ばれていたんだけど、時代とともにいろんなものを入れるようになってきたので、戦後あたりは「5ガロン缶」と呼ばれていたんだ。でも、1959年、メートル法の実施でJISが改正され、「18リットル缶」が正式名称となったよ。

この5ガロン缶から18リットル缶への名前の変更にちなんで、全国十八リットル缶工業組合連合会は、5月18日を「18リットル缶の日」と定めたなあ。この日は、2000年に日本記念日協会に登録されていてね。連合会のホームページには、記念日登録証の画像が載っているよ。

18リットル缶は、スチール製だから丈夫で、内側をコーティングすることによって何でも入れることができ、四角いからすき間なく積み上げることができて、使った後はリサイクルもできるというとっても優秀な入れものなんだ。そして、これは本来の使い方からは外れるんだけど、空になったものを落としたときの、音と見た目のインパクトが大きいことから、ドリフや吉本のコントなんかにもよく使われてきたよ。

そうだ。うちの18リットル缶の日にちなんだイベントはこれにしよう!社長と専務が外出先から帰ってきて、ドアを開けたら上から落ちてくるように仕込んでおいたなあ。きゃっきゃっ。でも、二人が帰ってくるまえに、宅配便の人が来たのは大誤算だったね。つい、いつものように「はーい」と出ようとしたところ、自分が直撃をくらってしもうとるわあ。

5月18日(18リットル缶の日)のピクじろう

うっかりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree