5月12日は看護の日


5月12日は看護の日だよ。

これからの高齢社会を支えていくために必要な看護の心、ケアの心、助け合いの心をみんなで育んでいこうということで、厚生省(現在の厚生労働省だよ)が1990年に定めた記念日なんだ。5月12日という日にちは、近代看護の基礎をきずいたフローレンス・ナイチンゲールさんの誕生日が5月12日であることに由来するよ。ちなみに、この日は国際的には「ナイチンゲールデー」「国際看護師の日」として知られているなあ。

ナイチンゲールさんといえば、献身的な従軍看護師さんとして有名だけど、それだけじゃないって知ってるかい? もっと根本的なところから看護を考えた人なんだ。当時、病院の病棟は不衛生で、けがや病気そのものより感染症で亡くなる人が多くてね。ナイチンゲールさんは病棟のつくりを改革することで、病院の死亡率を劇的に減らしたよ。また、彼女には、統計学者としての顔もあり、看護に統計学を初めて持ち込んだ人でもあるんだ。単なる病院の召使としてとらえられていた看護師さんたちの専門教育の必要性を説いたのもナイチンゲールさんだよ。

うーん、看護師さんで、統計学者で、病院建築でも才能を発揮し、看護教育の産みの親でもあるってすごい人だよね。構成員の自己犠牲のみに頼らない看護を考えていたという点にはとても共感できるしね。なんてことを、風邪で寝込んでいる専務のタオルをとりかえたり、アイスクリームをたべさせたりしながら熱くしゃべっていたら、もういいからお外で遊んでなさいねと、部屋からつまみだされたよ。

5月12日(看護の日)のピクじろう

うーん、看護される側への配慮がちょっと欠けていたかな。

うっかりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree