5月7日はコナモンの日


5月7日はコナモンの日だよ。

「5(こ)7(な)もん」=「粉もん」の語呂合わせで、2003年にタコヤキスト・生活文化研究家として活躍している熊谷真菜さんが定めた記念日なんだ。熊谷さんが会長をつとめる日本コナモン協会によると、「コナモン」とは、たこ焼き、お好み焼き、うどん、そば、パスタ、肉まんなど、小麦粉その他の粉をベースにつくられた食べ物のことなんだって。5月7日コナモンの日は、それらの食べ物の発展を願う日とされているんだ。

調べてみたところ、大阪の道頓堀には、日本コナモン協会監修の「道頓堀コナモンミュージアム」があることがわかったなあ。粉もんや道頓堀にまつわる歴史資料が公開されているコナモン歴史ミュージアムや、焼きたてのたこ焼きが食べられる飲食コーナー、そしてロウでできたたこ焼きの食品サンプル作りが体験できるコーナーがあるんだって。わわわ、これはなかなか魅力的だね(・w・)/

ただ、コナモンの日のきょうは、実際に食べられるたこ焼きの方が気分に合うなあということで、本物のたこ焼き作りに挑戦することにしたよ。鉄板の穴の中でぷっくりふくらんできたたこ焼きをくるくるとひっくり返すのは実に楽しいね。しかし、うっかりしていたのは、夢中になりすぎて気がついたら一人では食べきれないほどの量のたこ焼きを焼きあげてしまっていたことなんだ。

5月7日(コナモンの日)のピクじろう

冷めてしまったたこ焼きをご近所に配るのも申し訳ないし、一体これをどうやって片付けたものかなあ。余ったたこやきを活用したレシピをご存じの方は僕までね。

うっかりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree