5月6日はコロッケの日


5月6日はコロッケの日だよ。

「5(コ)6(ロ)ッケ」の語呂合わせで、コロッケなど各種冷凍食品の製造販売を手がける香川県の会社「味のちぬや」さんが定めた記念日なんだ。庶民の味として親しまれてきたコロッケを、春の行楽シーズンに食べてもらいたいとの願いも込められているらしいよ。

コロッケは、コンビニ、スーパーのお惣菜売り場などの定番商品だよね。安いところでは、1個50円ぐらいで売られているので、僕もおつかいの時についつい買ってしまうんだ。バリエーションも豊富で、基本のポテトコロッケから、ひき肉を加えたミートコロッケ、カレー風味をつけたカレーコロッケ、ジャガイモの代わりにカボチャやさつまいもを使ったコロッケ、ホワイトソースを使ったクリームコロッケなどなど、飽きないよね。

そんな庶民の味方のコロッケだけど、日本に入ってきた当初は高級品だったらしい。なんでもフランス料理の付け合わせの「クロケット」から生まれたそうで、大正時代には、トンカツやビフテキと並ぶ洋食のひとつとされていたんだって。なんでもWikipediaの項目「コロッケ」には、大正6年の洋食の値段は、トンカツ13銭、ビフテキ15銭、コロッケ25銭とあるよ。わわわ、コロッケがビフテキより高かったなんて。僕は現代に生まれてよかったなあ。

ただ、現代においてビフテキより高級なコロッケがあっても面白いよね。ということで、きょうは高級コロッケ作りにチャレンジすることにしたよ。ジャガイモと玉ねぎは本場北海道産の有機栽培で、お肉は神戸牛のかたまりがゴロゴロ、トリュフなんかの高級食材も入れてみて、ソースは赤ワイン仕立てにしてみたんだ。でも、手間ひまとお金をかけた割には感動がなくってね。

コロッケの日(5月6日)のピクじろう

やっぱりコロッケはシンプルなやつの揚げたてがいちばんだね。

ほくほくしている。

カテゴリー: 5月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree