5月5日はこどもの日


5月5日はこどもの日だよ。

国民の祝日の一つで、5月3日の憲法記念日、5月4日のみどりの日とともにゴールデンウィーク後半の連休を構成しているんだ。祝日法によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日らしいよ。こどもの日が、お母さんに感謝する日でもあったということは知らなかったなあ。これを読んだ皆は、柏餅とかちまきを余分に食べてもらうなどして、感謝をあらわしてみてはどうかと思うよ。

5月5日というのは、昔から「端午の節句」とされていた日でね。この日には菖蒲を使った邪気払いをするならわしがあったので「菖蒲の節句」とも言われてきたよ。男の子の節句になったのは、鎌倉時代あたり。「菖蒲」の読みが「勝負」や「尚武」と同じ「ショウブ」で、とくに武家の男の子にとって縁起がいいとされたからなんだって。当時のお祝いの方法は、鎧、兜、刀、武者人形などを室内に飾り、庭にこいのぼりを立てるというものだったらしい。それが江戸時代に一般に広まり、現代まで続いているようだね。

ところで、今、僕が気になっているのは、五月人形はいつまで飾るものなのかということなんだ。

というのは、今日は近所のおじいさんが子供の日のお祝いをしてくれるというので、お宅にお邪魔しているんだけどね。なにやら由緒ただしげな五月人形が飾られていたので、興味津々で見ていたら、お人形の首がぽろっと落ちてくっつかなくなってしまったんだ。あわわわ、ということでとっさに僕がかわりに入ってしまったんだけど、これをいつまで続ければいいのかなあ。

こどもの日(5月5日)のピクじろう

目の前に柏餅があるというのに食べることができないのは酷わあ。

ぐったりしている。

カテゴリー: 5月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree