4月27日は哲学の日


4月27日は哲学の日だよ。

紀元前399年4月27日、哲学者として知られているソクラテスさんが、牢屋の中で毒ニンジンを飲んで死んだことにちなんでいるんだ。ソクラテスさんは「国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」かどで裁判にかけられ、服毒自殺を命じられていてね。支持者だったクリトンさん、プラトンさんが逃亡をすすめたり、同情した牢番の人が鉄格子の鍵を開けておいていたりしたんだけど、ソクラテスさんは裁判で決まったことに反するという不正をはたらくことをよしとせず、自ら死におもむいたよ。

ソクラテスさんといえば、恐妻家であることでも有名で、結婚について語った「良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる」は、ちょっとした名言扱いされているなあ。そのためか、ソクラテスさんの奥さんのクサンティッペさんは「悪妻」代表みたいにになっていて、4月27日は悪妻の日でもあるらしい。でも、ご主人が家のことをかまわないであちこち出歩いて、議論ばっかりしていたら、どんないい奥さんだって暴れるんじゃないかなあと思うと、ちょっと気の毒な評価かもだね。

ところで、最近、総理大臣の野田さんがソクラテスさんの言葉「無知の知」を引用して、国会の答弁でしどろもどろしている大臣の人をかばっていたけど、ソクラテスさんが勉強不足でお仕事に必要な知識が欠けている人を肯定する発言をしたとは思えないんだけどなあ。ということで「無知の知」について調べてみたら、「自分はものごとの真理について知らない、ということを知っている分、真理について知っていると思い込んでいる人よりちょっとかしこいかも」という意味らしい。

うーん、僕にはまだ難しいけど、少なくとも「知らないということは知っているんだからいいじゃないか(キリッ」という話ではなさそうな気がするよ。

今日は何の日のイラスト(4月27日:哲学の日)

うっかりしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree