4月25日は拾得物の日


4月25日は拾得物の日だよ。

1980年4月25日、トラック運転手の大貫久男さんが、東京・銀座の路上でたいへんな落し物を拾ったことに由来しているんだ。落し物とは、なんと現金1億円入りの風呂敷包み。大貫さんは、それを正直に警察に届け出たなあ。でも結局、落し主は現れなくて、大貫さんは半年後、法律にもとづいて1億円の所有権を手にしたよ。うち3000万円ぐらいは、所得税として国に納めなければならなかったけど、それでもすごいよね。

その後、大貫さんはテレビにひっぱりだされたり、嫌がらせや脅迫をされたり、心労で勤めていた会社をやめたりと、それまで送っていた静かな生活が一変してしまったらしい。でも、急に大金を手にした人にありがちな浮ついた生活はしないで、手にしたお金の一部でマンションを買い、再就職をして、2000年に心筋梗塞で亡くなるまで、堅実に暮らしていたみたいだなあ。

うーん、僕が大金を拾っても、大貫さんと同じように慎重に行動するだろうね。お金で人生を踏み外してしまうなんてまっぴらだもの。なんてことを考えながらお散歩をしていたら、道ばたに風呂敷包みがぽんと置かれていたよ。結び目のすき間から、中をのぞいてみたら札束がぎっしり! 

わわわ、これだけあれば、欲しかったものが色々買えそうだなあ。海外旅行とかにもいけるね。多分これは何か後ろ暗いお金だから、落とし主は現れないと思うんだ。半年後のこの日記はドバイのホテルからお届けすることになるかもだよ \(\w\)/

ということで、意気揚々と重い風呂敷包みをひきずって交番に届けに行ったんだ。でも、おまわりさんの前で包みを解いてみたら、中に入っていたのは葉っぱでね。

今日は何の日のイラスト(4月25日:拾得物の日)

僕が住んでいるあたりはけっこう田舎だから、狸に化かされたのかもしれない。

うっかりしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree