4月20日は郵政記念日


4月20日は郵政記念日だよ。

1871年4月20日、イギリスから導入された近代的な郵便制度が、東京・大阪間で始まったんだ。そのことを記念して、1934年に、当時郵便や通信のお仕事をつかさどっていた逓信省(ていしんしょう)が、4月20日を「逓信記念日」と定めたよ。その後、逓信省は1950年に郵政省と電気通信省の二つに分割され、郵便のしごとは郵政省に引き継がれたので、「逓信記念日」は「郵政記念日」と名前を変えたんだ。

その後、「逓信記念日」の名前が復活していた時期もあったりしてややこしいんだけど、現在は、4月20日は「郵政記念日」ということで落ち着いているなあ。毎年、この日の前後には、郵政関係者の表彰がおこなわれたり「全日本切手展」などのイベントが実施されたりしているよ。

1871年より前、日本の通信を担っていたのは、人間が走って手紙や荷物を運ぶ「飛脚(ひきゃく)」という制度だったんだけど、これは天候や走る人の足に左右されていたそうなんだ。東京から京都・大坂まで、どんなに早い便を使っても4日ぐらいかかったというしね。ちなみにそれらの特急便の飛脚の料金は、現在のお金に換算すると40万円。わわわ、現在、普通郵便なら、4日もみておくと全国津々浦々まで80円で届くことを考えると、隔世の感があるわあ(・w・;

今日は何の日のイラスト(4月20日:郵政記念日)

ちなみに、日本国内の郵便物のお届け日数はこちらで検索できるよ。

お届け日数を調べる
http://www.post.japanpost.jp/deli_days/index.html

「郵政の父」前島密さんにはほんと感謝しなきゃだね。

しみじみしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree