4月18日は発明の日


4月18日は発明の日だよ。

1885年4月18日、現在の特許法にあたる「専売特許条例」が公布されたことにちなんで、1954年に定められた記念日なんだ。特許権をはじめとする産業財産権制度を国民のみんなに広く知らせたり、理解を深めてもらったりするという目的があってね。毎年、この日の前後には、特許庁その他の経済産業省の機関によって、様々なイベントが開催されているよ。

どうして特許に関する日が「発明の日」なのかっていうと、特許法は「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする」ための法律だからなんだ。例えば、ある人が苦労して何かを発明しても、それを誰かが勝手にまねて商品化してしまったとしたら、発明した人は報われないよね。「だったらあほらし、発明なんてやめとこ」ってことになって産業が衰退することになったら困るので、頑張った人がちゃんと利益を得て、もっと発明をがんばれるようにしようという話だなあ。

ただ、気をつけないといけないのは、すごい発明をしたら同時に特許権が発生して保護されるわけじゃないってことなんだ。特許庁に出願して審査を受け、特許権を設定してもらわないとね。そして出願はできる限り速やかにね。いくら自分が発明したアイデアでも、同じアイデアを誰かが先に出願してしまっていたら、アウトなんだって。わわわ(・w・; 
うーん、もの作りの発展のために、権利をすみやかに確定させたいって気持ちもわかるんだけど、これはなかなかきびしいね。なんてことを考えていたら、世紀の大発明を、誰かに先に出願されて横取りされる夢を見て、飛び起きてしもうたわあ。

今日は何の日のイラスト(4月18日:発明の日)

がくぶるしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree