4月14日はSOSの日


4月14日はSOSの日だよ。

1912年4月14日、豪華客船・タイタニック号が、カナダの東海岸に位置するニューファンドランド島の沖で氷山に衝突して沈んじゃったんだけど、その時に発信された遭難信号「SOS」が、世界初のSOS信号といわれていることが由来らしいんだ。でも、タイタニック号のことを色々調べているうち分かったんだけど、タイタニックのSOSは、世界で初めてじゃなかったみたいだね。世界初のSOS発信は、1909年6月に、太平洋上のアゾレス諸島沖で難破したスラボニア号だったらしい。

ちなみに、SOS以前に使われていた遭難信号は「CQD」といってね。タイタニックは、氷山に衝突した後、最初はCQDを使って付近にいる船に助けを求めていたんだけど、途中でSOSに切り替えたんだ。その甲斐あってかどうかは分からないけど、タイタニックの危機には何隻かの船が気づいたよ。でも、一番近くにいた船は、通信士が眠っていて信号に気づかず、次に近くにいた船は、いちどはタイタニックを助けようとしたんだけど、船長さんが自分の船も氷山にぶつかることを恐れて、途中で停まっちゃったらしい(・w・;

結局、唯一救助にかけつけたのは、100km以上離れた地点にいたカルパチア号という客船だったんだけど、この船は足が遅かったので、現場に到着したのはタイタニック沈没の2時間40分後だったという話だよ。ということで、乗員乗客あわせて1500人以上の人が助けを待ちながら船とともに沈んでいったわけだけど、近年はそんな場所にダイビングツアーにいこうっていう人があとをたたないらしいっていうから驚きだなあ。せめてゆっくり眠らせてあげてほしいと思うんだ。

今日は何の日のイラスト(4月14日:SOSの日)

しんみりしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree