4月12日はパンの記念日


4月12日はパンの記念日だよ。

パン食普及のための宣伝活動や市場調査などをおこなっているパン食普及協議会が1983年に定めた記念日なんだ。4月12日という日にちは、伊豆韮山(にらやま)代官の江川英龍さんが、天保13年旧暦4月12日(新暦では1842年5月21日)に作った乾パンが、日本で初めて焼かれたパンだといわれることに由来するんだって。

当時、お隣の清国ではアヘン戦争のまっただ中でね。日本も外国から国を守る必要にせまられていたんだ。そんな中、江川さんは、海防に強い関心を抱き、韮山に鉄を精錬する反射炉を築いたり、日本に西洋砲術を普及させたりしたよ。日本初めてのパンも、軍事のために焼かれたものなんだ。ご飯が、炊くときに煙が出るので敵の標的になりかねないのに対し、乾パンにはそんな心配はないし、保存はきくし、持ち運びやすいってことでね。

さて、そんなパン記念日の今日だけど、乾パンは、以前大失敗して軽くトラウマになっているので、普通のパンを焼くことにしようと思うんだ。せっかくだから、僕の顔をかたどってね。そして、たくさん焼いて、「ピクパン」と名付けて、家の前で販売することにしたよ。

でも、焼きあがったものを見たら、どこでどう間違ったのか、僕には似ても似つかないとてつもなく怖い仕上がりになってしまっていたんだ。

今日は何の日のイラスト(4月12日:パンの記念日)

子供は泣くし、大人は目をそらして足早に行ってしまうし、さんざんわあ。

うっかりしている。

カテゴリー: 4月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree