4月8日は花祭り


4月8日は花祭りだよ。

花祭りはお釈迦さまの誕生を祝う仏教の行事で、正式には「灌仏会(かんぶつえ)」と言うらしいんだ。お釈迦さまであるゴータマ・シッダッタさんの誕生日は旧暦の4月8日とされているんだけど、日本では新暦の4月8日に行われているなあ。

花祭りには、花で飾られた小さいお堂「花御堂(はなみどう)」を作って、その中におけを置き、甘茶で満たすんだ。そしておけの中央に、お釈迦様が生まれたときの姿をかたどった仏像を安置して、ひしゃくで仏像に甘茶をかけてお祝いをするよ。このしきたりは、お釈迦さまが生まれたとき、竜が天から産湯を使わせるために清浄の水を注いだという伝説に由来するんだって。ただ、何で甘茶なのかははっきりしないらしいんだけどね。

そうそう、甘茶って、お砂糖を入れたお茶じゃないってみんな知ってたかい? 甘茶は、ガクアジサイの変種の「アマチャ」という植物の葉っぱをせんじて作ったものらしい。アマチャの葉っぱは、干すととっても甘くなるんだって。わわわ、これはぜひとも試してみなければだね(・w・)/

ということで、花まつりのきょう、甘茶を買ってきて、煎じて飲んでみたんだ。そしたら甘いどころかとっても苦くてびっくりしたよ。どうしてだろうと不思議に思って、お茶が入っていたパッケージを見てみたら、一時期、健康食品としてブームになったアマチャヅルだったなあ。

今日は何の日のイラスト(4月8日:花祭り)

アマチャヅルは、ウリ科の植物で、アマチャとは全然違うから、みんなも気をつけてね。

うっかりしている。

カテゴリー: 4月   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree