3月27日は利休忌


3月27日は利休忌だよ。

「利休忌(りきゅうき)」は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した茶人で、「わび茶」の完成者である千利休さんをしのぶ日だよ。じっさいの利休さんの命日は、旧暦の天正19年2月28日で、これは新暦の1591年4月21日にあたるんだけど、利休の流れをくむ表千家家元では、2月28日をひと月送りにして、毎年3月27日に利休忌を開催しているんだ。

利休さんは、信長さんや秀吉さんといった有名な武将のお茶の先生で、日本の文化に大きな影響を与えた人として知られているけど、そういえば、最期がどうだったかって知らないなあ。ということで、調べてみたら、当時、仕えていた秀吉さんの逆鱗にふれて、切腹を命じられたという話なんだ。わわわ(((・w・;

秀吉さんが怒った理由については、

・利休さんが大徳寺の門の上に自分の雪駄履きの像を据えて、その下を秀吉さんにくぐらせた
・秀吉さんが利休さんの娘を妾にしたいと言ったのを、利休さんが断った
・交易都市・堺の利権をめぐって秀吉さんと利休さんが対立した

といったことが語られているけど、個人的な怒りで偉大な才能を葬ってしまったのだとしたら、もったいないことだなあ。ということで、僕もきょうは利休さんをしのんで、お茶のことをすることにしたよ。ただ、うすうす予感はしていたんだけど、そそっかしい僕には、やっぱりお茶は無理だったね。

今日は何の日のイラスト(3月27日:利休忌)

大人しく利休さんまんじゅうを食べるだけにしておけばよかったよ。

しょんぼりしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree