3月26日はカチューシャの唄の日


3月26日はカチューシャの唄の日だよ。

『カチューシャの唄』とは、劇団「芸術座」のお芝居『復活』(トルストイの作品をもとにしているよ)の挿入歌で、大正時代に大流行した歌なんだ。『復活』の初演がおこなわれたのが1914年3月26日だったことから、この日が『カチューシャの唄』を記念する日となったらしいんだ。

劇中で歌を歌うというのは、日本初の試みでね。またその歌が人々の心に響くものだったから、『復活』は通算で444回の公演を重ねるほどの人気作となったよ。

そして『カチューシャの唄』を収録したレコードは2万枚の売り上げを記録したといわれているんだ。まだ蓄音機の普及が進んでいなくて、数千枚売れればヒットという時代だったから、これは快挙だよね。あと、女学生のみんながこの歌をしょっちゅう歌っていたので、学校が歌唱禁止令を出したという話もあるなあ。

でもわかるよ、あれはいい歌だもんね。力強いんだけど、切なくてね。って歌い出しから、なにかこみあげてくるものがあるんだよね。ということで、『復活』にちなんでロシアの民族衣装風のコスプレをして

「♪り~んご~の花ほころ~び」

と、歌っていたら、「ピクさん、それ『カチューシャ』や」という突っ込みが入ったよ。僕が歌っていたのは、ロシア民謡として歌われている『カチューシャ』で、『復活』の『カチューシャの唄』とは別物らしい。

今日は何の日のイラスト(3月26日:カチューシャの唄の日)

ちなみに『復活』の主演女優・松井須磨子さんが歌う『カチューシャの唄』はこちらだよ。

みんなの中にも勘違いしていた人はいないかい?

うっかりしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree