3月25日は電気記念日


3月25日は電気記念日だよ。

1878年3月25日、東京木挽町の中央電信局の開局祝賀会が工部大学校(現在の東京大学工学部だよ)で開かれ、その式場に50個のアーク灯が点灯されたんだ。これが日本で最初に灯った電気のあかりとされていることから、日本電気協会が、のちの1927年に3月25日を電気記念日と定めたなあ。

初期の電気っていうのは、バッテリーや移動式の発電機によってもたらされていてね。とってもお金がかかるものだったし、効率も悪かったんだ。でも、1886年、日本初の電力会社である東京電燈が設立され、発電所でおこした電気を送る電線がひかれるようになってから、文明開化の波に乗って一気に普及したんだ。

ただ、1891年に起こった帝国議事堂の火災が、漏電によるものと発表されたときは、電気以前の灯りの担い手だった石油販売会社による「電気は危ない!」キャンペーンが大々的に展開され、電気事業の危機といわれたこともあったんだって。

しかし、いちど電気の便利さを知ってしまった人たちは、電気のない暮らしには戻れず、そんなネガキャンはいつの間にか終息したらしい。そして今や、電気を使ってあかりを灯したり機械を動かしたりするのは動かせないこととした上で、その電気をどうやって起こすかが問題となっているわけだなあ。

ふと思ったんだけど、実は電気にかわる新しい動力が発見されていて、それは電気よりもっと便利でクリーンだったりするんだけど、色々な大人の事情があって、電気しかないってことになっていたりはしないのかい?

今日は何の日のイラスト(3月25日:電気記念日)

わくわくしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree