3月23日は世界気象デー


3月23日は世界気象デーだよ。

1950年3月23日に、世界気象機関条約が発効したことを記念して、1960年に世界気象機関(WMO)が定めたんだ。WMOは、毎年この日に合わせて、気象に関する知識を広めたり、国際的な気象業務への理解をうながしたりするキャンペーンをおこなっているよ。

「気象業務」っていうのは何かというと、気温や気圧などの大気の変化や、地震など大地の現象、川や湖や地下水など陸にある水や海の現象を観測して記録したり、予報したり、研究したりすることなんだって。

WMOっていうのは、世界各国がそれぞれ行っている気象業務をまとめたり標準化をすすめたりする機関なんだ。大気や地殻、水は国境にかかわりなく動いているわけだから、測定方法や表し方を統一して、みんなで情報を共有しようってことなんだろうね。気象は、人々の安全はもちろん、農作物の出来や、工業製品の売れ行きにも大きな影響を与えるものだから、WMOのお仕事というのはとても大事なんだなあ。

ただ、専門機関に頼るだけじゃなく、自力で異常気象や地震の予兆を感じられるようになると、強いよね。ということで、昔の人の知恵を借りて、地震の前には暴れるというなまずさんを飼い始めたよ。

そしたら、この子がよく泳ぎ回ったり飛び跳ねたりでね。その度にあわてて避難準備をするんだけど、幸いにも地震は一度も起こったことがないんだ。もしかして、単に元気なお調子者なのかもしれないって気がしてきたんだけど、もしもということがあるしなあ。

今日は何の日のイラスト(3月23日:世界気象デー)

へとへとしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree