3月22日は放送記念日


3月22日は放送記念日だよ。

1925年3月22日、NHK放送センターの前身である東京中央放送局(JOAK)が、ラジオの仮放送を開始したことを記念して、1943年にNHKが定めた記念日なんだ。放送開始時刻は午前9時30分、記念すべき第一声は、京田武男アナウンサーによる「アーアー、聞こえますか。(間)JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します」だったんだって。

「仮放送」というのは、このときの送信所が、東京芝浦の東京高等工芸学校の中に設けられた仮のものだったからなんだって。本放送となったのは、同じ年の7月12日、東京都港区の愛宕山の局舎が使われ始めてからだよ。

1925年当時の番組表を見ると、「天気予報」「相場」「新聞記事」の文字がずらりと並んでいて、たまに「娯楽」があるぐらいだけど、その後、音楽や演芸、スポーツ中継、ラジオドラマなどの多彩なプログラムが提供されるようになり、ラジオは、テレビが普及する1960年代ぐらいまで、お茶の間の主役だったそうだなあ。

ただ、当時は、ラジオの受信機が高いということで、秋葉原なんかで部品を買ってきて自作をする人も多かったみたいだね。ふぅむ。ラジオの自作とは面白そうだ。ということで、さっそくキットを買ってきて作ってみたよ。

でも、問題は、完成したラジオから

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

なんていう、この世のものならぬ音が聴こえてきたということなんだ。

今日は何の日のイラスト(3月22日:放送記念日)

一体、何の放送を拾ってしまっているというのかい?

がくぶるしている。

カテゴリー: 3月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree