3月15日は靴の記念日


3月15日は靴の記念日だよ。

1870年(明治3年)の旧暦3月15日、もとはお侍さんだった西村勝三さんという商人が、築地に西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を開設したことを記念して、日本靴連盟が1932年に定めた記念日なんだ。西洋靴の製造を手がけたのは、西村さんが初めてではなかったらしいんだけど、靴業界における功績と、人物の立派さでは並ぶ人がいないということで、この日が靴の記念日になったんだって。

西村さんは、もともと「伊勢勝」という屋号で銃器をあきなっていたよ。でも、当時、西洋式軍隊調練がはじまった軍隊では靴が不足していてね。兵制改革に最も熱心であった大村益次郎さんが、御用商人の西村さんに靴の工場を建てさせたんだ。大村さんは、最初、靴を外国に注文したんだけど、届いた靴が日本人の足に全く合わなくて、それであわてて国内で大々的に作ることにしたらしいなあ。

ところで、西洋靴を作る人のはしりは西村勝三さんだったわけど、履く人のはしりは誰だか知ってかい? それはね、あの坂本竜馬さんだといわれているよ。竜馬さんが、お店で売られている靴を自分用に買い、それを履いて気軽に街を歩いたという内容の記録が残っていて、竜馬さん以前にはそういったことをした日本人の記録はないんだって。

竜馬さんが履いていた靴というのは、サイドゴアと呼ばれるタイプのシンプルなショートブーツで、それなら着物にも合いそうだなあ。ちなみに、竜馬さんは身長が小さかったので、ヒールのある洋靴を履いてかさ上げをはかったという噂もあるらしい|w・)

今日は何の日のイラスト(3月15日:靴の記念日)

しっかりしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree