3月9日は記念切手記念日


3月9日は記念切手記念日だよ。

1894年3月9日に発行された明治天皇ご成婚25周年の記念切手が、日本最初の記念切手とされていることに由来する記念日なんだ。「明治銀婚」とも呼ばれるこの切手は、皇室の紋章である菊の御紋と、その両側に雌雄の鶴が描かれたデザインで、紅色タイプと青色タイプの二種類があったよ。額面は、紅色が内国用封書の基本料金である2銭で、青色が外国用封書の基本料金である5銭だったなあ。

その後、昭和初期までの記念切手は、皇室関係のお祝いごとや、明治神宮や伊勢神宮などの神道に関係するものがメインで、数年に一度しか発行されていなかったんだ。ところが、しだいに第一次世界大戦終結を祝う平和切手など、皇室・神事関係以外の記念切手も発行されるようになってね。第二次世界大戦後は毎年のように発行されるようになったよ。

といっても、その頃はまだ種類も発行部数も少なくてね。1950年代くらいまでの記念切手はプレミアがついていることが多いんだって。特に有名で高価なのは「見返り美人」「月に雁」で数千円することもあるらしい。なのに、今日オークションで見たら、数百円で売られているものもあったなあ。わわわ、これはお宝発見ということかい?

ということで、お小遣いで買える限りの「見返り美人」を買ったんだけど、後でよく見てみたら、僕が買ったのは、平成になってから発行された、いわばオリジナル「見返り美人」へのオマージュのようなもので、今のところ、何千円もの価格で転売できる切手ではないみたいなんだ。

今日は何の日のイラスト(3月9日:記念切手記念日)

とりあえず、普段メールをしているお友達に手紙を書いて、自分で使ってみようと思うよ。

がっかりしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree