3月5日はミス・コンテストの日


3月5日はミス・コンテストの日だよ。

1908年3月5日、時事新報が「世界美人コンクール」の日本予選として行った「良家の淑女写真コンクール」の入賞者を発表したんだ。これが日本のミス・コンテストの始まりとされていることが、この記念日の日にちの由来だよ。「ミ(3)ス・コ(5)ンテスト」の語呂合わせになっているんだけど、これは偶然なのかなあ。

このコンクールで優勝したのは、福岡県小倉市長だった末広直方さんの令嬢・末広ヒロ子さんで、当時16歳だったよ。七人兄弟の四女で、趣味はピアノ、お茶、お花。 好きな食べものはさつまいも、うなぎ、甘いものだって。「末広ヒロ子」で画像検索をすると、写真が見られるんだけど、目が大きくて彫の深い顔立ちは、現代でも美女として通用しそうだね。

コンクールへの応募は、撮影者である義理のお兄さんが無断でしたらしい。なのに、ヒロ子さんは「自分の容姿を誇示することは生徒としてあるまじき行為」として当時通っていた学習院を退学させられてしまったんだ。女学部長の松本源三郎さんがとても強硬だったらしくてね。当時の学習院院長の陸軍大将・乃木希典さんは、押し切られる形で退学を認めることになったよ。

でも、のちに真実を知った乃木大将は激しく後悔し、ヒロ子さんに侯爵家との縁談を持ちこみ、ヒロ子さんは侯爵夫人となったんだ。このことは明治のシンデレラストーリーとして大きな話題を呼んだみたいだね。

ただ、気になるのは、ヒロ子さんのお姉さんの孫にあたるピアニストの山下洋輔さんが見たヒロ子さんは、腰が曲がり両手にリュウマチを患ったお婆さんで、山下さんは、彼女のことをひそかに「カイブツ」と呼んでいたらしいということなんだ。

うーん、Wikipediaまで読まなければよかったなあ。ヒロ子さんは、果たして幸せだったんだろうか。

今日は何の日のイラスト(3月5日:ミス・コンテストの日)

もやもやしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree