3月3日は耳の日


3月3日は耳の日だよ。

人間の耳の形がアラビア数字の3に似ていることと、「3(み)3(み)」の語呂合わせから、1956年に日本耳鼻咽喉科学会が定めた記念日なんだ。耳の健康や、耳の不自由な人たちに対する社会的な関心を盛り上げるという目的があってね。毎年、この日の前後には、全国各地で、耳に関する講演会や健康相談などのイベントが開催されているよ。

ちなみに3月3日は、電話を発明したグラハム・ベルさんの誕生日だったり、目・耳の障害をおして学び、教育福祉のために一生をささげたヘレン・ケラーさんが恩師サリバン先生に初めて会った日だったりと、何かと耳にゆかりが深い日でもあるんだ。

ヘレン・ケラーさんで思い出したけど、ろう学校の子供たちについての指摘に「9歳の壁」という話があるんだってね。何かというと、聴こえない子たちは、小学校低学年ぐらいまでは聴こえる子たちと同じように発達するんだけど、高学年になってくると、学習内容が具体的なものから抽象的な内容になるため、乗り越えられない壁につきあたることが多いという説らしいんだ。

でも、抽象的な内容っていうのは、ある程度、文字情報で伝えることができるんだし、耳が聴こえる聴こえないとは関係なくって、実は教える側の言いわけじゃないかって気がするんだけど、どうかなあ|w・)

なんてことを、耳で3の形を作りながらいっしょうけんめい考えていたら、なんだか耳が痛くなってきてしまったよ。

今日は何の日のイラスト(3月3日:耳の日)

うっかりしている。

カテゴリー: 3月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree