2月26日は二・二六事件の日


2月26日は二・二六事件の日だよ。

二・二六事件とは、1936年2月26日に、日本陸軍の青年将校たち約1400名が、「昭和維新」をスローガンにかかげて兵をあげ、首相や大臣たちを殺傷して、2月29日までの四日間にわたり首都東京の中枢部を占拠したという事件なんだ。歴史的には、わが国近代史上はじめてのクーデター未遂事件として扱われているよ。

当時、陸軍の中には皇道派と統制派という派閥があってね。事件を起こしたのは、皇道派の人たちだったよ。皇道派の青年将校たちは、政府の重臣たちを殺害すれば天皇親政が実現し、政財界の腐敗が解消されたり、農村の貧しい人たちが助かったりすると考えていたんだ。お国のためを思ってのことだったんだよね。

でも、誤算だったのは、信頼していた重臣たちを殺された天皇陛下が激怒し、すぐに兵をあげたみんなを叛乱軍として扱ったことなんだ。わわわ(・w・; 2月28日には「叛乱軍は原隊に帰れ」という天皇の命令が下り、立てこもっていた兵士たちは自決をはかったり投降したりして、二・二六事件は終わったなあ。

この事件によって、皇道派の人たちは予備役に追いやられ、陸軍では、対する派閥の統制派が実権を握ったよ。統制派っていうのは、南方や中国への進出を主張していた人たちでね。以降、日本は軍国主義への道をひた走ることになるんだ。もし、皇道派のみんなのもくろみが成功していたら、少なくともあの戦争があれほどの悲劇を生むことはなかったのかもね。

今日は何の日のイラスト(2月26日:二・二六事件の日)

しんみりしている。

カテゴリー: 2月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree