2月23日はふろしきの日


2月23日はふろしきの日だよ。

京都ふろしき会・京都ふろしき振興会・東京ふろしき振興会の三つの団体からなる日本風呂敷連合会が、ふろしきを広くPRするため定めた記念日なんだ。日にちの由来は「2(つ)2(つ)3(み)=包み」の語呂合わせだよ。

ふろしきとは、漢字で書くと「風呂敷」だよね。なんで「風呂」なのかなあ? ということで調べてみたところ、言葉の通り、お風呂に敷くものだったからという説があるそうだよ。むかしの人は、布でお風呂の道具を包んで公衆浴場まで運び、浴場ではその布を敷いて着替えをし、着てきた服をそれで包んだりということをしていたらしいんだ。1枚の布がバッグとバスマットを兼ねていたというわけで、何とも合理的だね。

バスマットだったもので贈答用の品物を包むようになったというのは、なんとも奇妙な気がするけれど、布で包むということが機能的だということは分かるなあ。いろんな大きさのものに対応できるし、再利用もできる。手提げの紙袋などのゴミも出ないしね。

ただ、きれいに結ぶのが難しいので、ふろしきの日にあわせて開催されていた風呂敷包み方教室に参加してみたんだ。えーと、こっちの端とこっちの端を結んで・・・体が小さいとなかなか大変だね。わわっ、布がからまってしまって前が見えないよ。

なんてもがいていたら、隣で受講していたおばあさんが、僕をぬいぐるみか何かと勘違いして、きっちり風呂敷包みにしてしまっていたよ。

今日は何の日のイラスト(2月23日:ふろしきの日)

おばあさんをがっかりさせるのは悪いけど、このままつれて帰られるわけにもいかないしなあ。

うっかりしている。

カテゴリー: 2月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree