2月17日は千切り大根の日


2月17日は千切り大根の日だよ。

千切り大根の生産が最盛期を迎えのが2月であることと、漢字の「千」は分解すると「二」と「1」に見立てることができ、また「切」の字には「七」が入っていることが、2月17日という日にちの由来らしいんだ。広島県福山市の乾燥食品メーカー「こだま食品」さんが、日本の伝統食であり、伝えたいお袋の味である千切り大根のよさを広く知ってもらおうと、2010年に定めた記念日だよ。

千切り大根は、切干し大根ともいわれ、秋の終わりから冬にかけて収穫したダイコンを細切りにし、広げて天日干しして作られる食品だよ。安くて、保存性がよく、無添加、無着色だから安全で、おまけに食物繊維、カルシウム、マグネシウムなど現代人に不足しがちな栄養素を多く含むというすぐれものなんだ。

と、書いてて思ったんだけど、千切り大根って、非常食としても優秀なのではないかい? 水に漬けて戻したものをそのまま醤油や酢で食べたり、煮物にしたりと調理が簡単だし、最悪、水がなければそのままでも食べられるしね。それに、避難所などでお弁当の配給が始まったとしても、炭水化物と揚げ物に偏ったメニューが多くて、野菜が不足すると聞くよ。うーん、自衛のために、非常持ち出し袋に切り干し大根を一袋入れておくといいかもだね。

ということで、さっそく千切り大根を持って実験的にサバイバル生活に突入することにしたなあ。まずは、乾燥した状態のものを食べてみたんだ。そしたら、これがなんとも素朴な甘みがあっておいしい。やめられないとまらないとは正にこのことや(・w・)/

ただ、うっかりしていたのは、千切り大根は水分を吸収してふくれるということでね。

今日は何の日のイラスト(2月17日:千切り大根の日)

みんなも千切り大根をそのまま食べる時は気をつけてね。

うっかりしている。

カテゴリー: 2月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree