7月2日は半夏生(はんげしょう)


7月2日は七十二候の一つ「半夏生」(はんげしょう)だよ 。

この日は、節分とか、土用とかと同じく雑節のひとつで、古くは農家にとっては大事な節目の日とされていたんだ。

この日にまつわる言い伝えや風習は地方によって違うけど、半夏生には天から毒気が降るので井戸に蓋をしなければならないとか、この日に採った野菜は食べてはいけないとか言われていたり、「ハンゲ」という妖怪がうろうろするから農作業をしてはいけないと言われていたりするよ。

ということで、僕は今日は妖怪ハンゲのコスプレをして半夏生を盛り上げようと思ったんだ。

でも、いくら検索してみても妖怪ハンゲの画像は出てこなかったんだよね。しかたがないので、「上方ではこの日に蛸を、讃岐では饂飩を、福井県では大野市などで焼き鯖を食べる習慣がある」っていうウィキペディアの「半夏生」のページを参考に、たこ天と焼き鯖を乗っけたうどんを作って専務と社長に出してみたんだ。

今日は何の日のイラスト(7月2日:半夏生)

でもこれが、「それぞれ単品で食べた方がよい」と、不評でね。うん、よくよく考えてみればその通りだし、足をもらったタコくんには墨をかけられてしまうしで、今日はさんざんだったなあ。

ぐったりしている。

カテゴリー: 7月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree