2月13日は苗字制定記念日


2月13日は苗字制定記念日だよ。

1875年2月13日、明治政府が「平民苗字必称義務令(へいみんみょうじひっしょうぎむれい)」を出し、すべての国民に苗字を名乗ることを義務づけたことに由来する記念日なんだ。

あれっ、苗字についてはこの日記で前にも書いたことがあるような気がするなあ。ということで、過去の日記をさかのぼって見てみたら、9月19日が「苗字の日」だったよ。この日は何に由来するかというと、旧暦の明治3年(1870年)9月19日に、明治政府が「平民苗字許可令」を出したことなんだ。貴族や武士にしか与えられていなかった苗字を名乗る権利を、庶民のみんなにもあげるよ、ということだね。

でも、庶民のみんなは、苗字をつけることをしぶっていたんだ。苗字を名乗ったことで、税金をたくさんとられたり、兵隊さんにとられたりするんじゃないかと勘ぐってね。そこで困った明治政府は、5年後の「平民苗字必称義務令」で苗字を義務付けることにしたんだって。

ということで、あらためて苗字のことを調べてみたんだけど、苗字の許可令以前は庶民のみんなに苗字がなかったというわけではないんだってね。住んでいる土地を支配している豪族の姓を名乗ったり、ごほうびとして主人からもらったり、商売をしている人が屋号を苗字の代わりに使ったりということは、普通にあったみたい。それを公に名乗ることを江戸幕府が禁止していただけの話でね。

だから義務令が出て、みんなあわてて山に住んでいるから山田さん、川に近いから川田さんを名乗ったというのは都市伝説に近いという説があるんだ。もしあわてて適当につけたのであれば、日本に佐藤さん鈴木さんがこんなに多いはずがないってね。

ちなみに「全国の苗字(名字)」さんというサイトによると、2012年現在の苗字の世帯数ランキングはこんな感じだよ。

今日は何の日のイラスト(2月13日:苗字制定記念日)

ちなみに「全国の苗字(名字)」さんには全国の苗字が11万種も掲載されているんだって。どんな珍しい苗字があるのかなあ。

わくわくしている。

カテゴリー: 2月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree