2月9日はふくの日


2月9日はふくの日(河豚の日)だよ。

「ふく」とは「フグ」のことだよ。フグの名産地・下関では「ふく」と発音するんだって。ふくの日は、「2(ふ)9(く)」の語呂合わせで、1980年に下関ふく連盟が制定した記念日なんだ。

下関ふく連盟は、毎年この日の前後に、下関では「しものせきふくの日まつり」を開催しているよ。このお祭りでは、無料のふく鍋がふるまわれたり、物産展などのイベントがおこなわれたりするなあ。また、2月9日には「ふくの日祈願祭」として、下関市内のえびす神社で豊漁と航海安全を祈願しているなあ。

ふぐと人間のつきあいは古くて、その歴史は6000前の縄文時代にさかのぼると言われているよ。ただ、中世に豊臣秀吉によっていちど食用禁止にされている。なんでも、朝鮮出兵の際に、たくさんの兵隊さんが下関でふぐ中毒死したのがその原因らしいね。

解禁されたのは、明治時代。当時、総理大臣だった伊藤博文さんが、下関の割烹旅館「春帆楼(しゅんぱんろう)」でふぐを食べたのがきっかけだったよ。博文さんが春帆楼を訪れたとき、あいにくしけ続きで魚がなかったんだよね。そこで、女将さんはお手打ち覚悟で博文さんにふぐ刺しを差し出したんだ。そしたら、それがすごく美味しかったので、博文さんは全国にさきがけて下関のふぐ禁止令を解くことにしたよ。

ただ、これは表の歴史で、禁止令がしかれている間もこっそりふぐを食べている人たちはいたらしいね。とくに、武士の場合は、一家の当主がフグ毒にあたって死んだら、お家断絶の処分もありうるのに食べてたっていうんだから、よほどおいしいんだろうね。

うーん、これは僕もいちど食べてみないとだなあ。でも、おこづかいでは足りないから、社長と専務をその気にさせるために、こっそりふぐキャンペーンを張ることにしたんだ。ふぐグッズを集めてみたり、通販のパンフレットを取り寄せて、さりげなく雑誌の山に混ぜたりしているよ。もうそろそろ効果が出る頃じゃないかなあと思うんだけどどうだろう。

今日は何の日のイラスト(2月9日:ふくの日)

わくわくしている。

カテゴリー: 2月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree