2月8日は針供養


2月8日は針供養だよ。

針供養(はりくよう)とは、折れた縫い針を豆腐やこんにゃくに刺して供養し、女性の神さまである淡島神をまつっている神社やお堂に納める行事なんだ。

2月8日におこなわれるのは、むかしの農家のならわしによるよ。2月8日は、その年の仕事を始める「事始め」で、魔物が家の中をうかがっている日ともされていたなあ。だから、この日は身をつつしんで過ごす日とされていて、針仕事もいけないって言われていたんだって。そこで、女の人たちは、かわりに針供養をして、お裁縫の上達を祈ることにしたんだそうだよ。ちなみに、同じく農家の節目である「事納め」の12月8日に、この行事を行う地方もあるんだ。

なんでお豆腐やこんにゃくに針を刺すのなのかっていうと、さんざんこき使ってきた針さんたちを、やわらかいものに刺して休んでもらおうという話らしいなあ。そういえば、僕もコスプレの衣装は基本自作だからわかるんだけど、布ってけっこう硬いんだよね。確か、うちにも折れちゃったり曲がっちゃったりした針があったはずだ。よし、僕も今日は針供養をすることにしよう。

ということで、ちょうど冷蔵庫にあったお豆腐に針を刺して、近所の神社におさめたなあ。これで、針仕事が上達して、もっとレベルの高い衣装が作れるようになるね(・w・)/

しかし、うっかりしていたのは、冷蔵庫のお豆腐は、晩ごはんの麻婆豆腐の材料になる予定のものだったということなんだ。おかげでみんなで豆腐なしの麻婆豆腐ならぬ麻婆汁をすするはめになってしもうたわあ。

今日は何の日のイラスト(2月8日:針供養)

がっくりしている。

カテゴリー: 2月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree