2月7日は北方領土の日


2月7日は北方領土の日だよ。

北方領土問題に対する国民のみんなの関心と理解を深め、北方領土返還運動をすすめるために制定された記念日なんだ。2月7日という日にちは、1855年2月7日に日本と当時の帝政ロシアとの間で結ばれた日露和親条約(下田条約)で、北海道根室半島沖の択捉島(えとろふとう)とウルップ島の間が国境とされたことに由来するよ。

択捉島とウルップ島の間に国境線があると考えると、北海道の択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々は日本の領土になるなあ。でも、太平戦争後は、それらの島々はロシア(終戦当時はソ連といったよ)の支配下に置かれているんだ。日本政府はそれらの島々を北方領土と呼び、日本固有の領土としてロシアに返還を求めているよ。

一方、ロシアの択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島についての歴史的な認識は日本とは違っていてね。話し合いは長らく平行線をたどっているなあ。1990年代から2000年代にかけては、日本とロシアが仲良くなっていい感じだったんだけど、最近は何だかなめられている感じだなあ|w・)

今日は何の日のイラスト(2月7日:北方領土の日)

結果はどうあれ、外交のことをする人たちにはきぜんとしたブレない態度で交渉に臨んでほしいと思うよ。

きっぱりしている。

カテゴリー: 2月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree