1月30日は3分間電話の日


1月30日は3分間電話の日だよ。

1970年1月30日、それまでは1通話について10円で、時間無制限だった公衆電話からの市内通話の料金が、3分で10円になったんだ。

その後、長らく公衆電話の料金は3分10円だったんだけど、1993年10月に90秒10円に、1994年には1分10円に値上げされたなあ。そのときは、みんな文句を言いながらも、仕方がないということで使っていたらしいんだけど、1990年代後半から携帯電話やPHSが普及しはじめたんだよね。とくにPHSの料金は公衆電話とあまりかわらないってことで、公衆電話の利用者は一気に減っていくことになるよ。

そんなこんなで、1995年には全国に80万台設置されていた公衆電話は、2010年には25万台にまで激減しているなあ。どおりで公衆電話がなかなか見つからなくなったはずだね。

僕は今日、おつかいに行った先でお腹が減ってふらふらになったので、うちに電話して社長か専務に迎えに来てもらおうと思ったんだ。でも、あてにしていた場所の公衆電話がことごとく消えていたよ。ようやくひとつ見つけた頃には、すでに力尽きてしもうとったわあ。

今日は何の日のイラスト(1月30日:3分間電話の日)

公衆電話は、災害時に役立つことだし、できればこれ以上減らさないでもらいたいものだね。

ぐったりしている。

カテゴリー: 1月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree