1月26日は文化財防火デー


1月26日は文化財防火デーだよ。

文化財を火災や震災から守るとともに、文化財を大切にしようという考え方を広めたり盛り上げたりする目的で、文化財保護委員会(現在の文化庁だよ)と国家消防本部(これは現在の消防庁だね)が1955年に定めた記念日なんだ。

1月26日が選ばれたのは、現存する世界で最も古い木造の建物である法隆寺の金堂で火事が発生し、堂内の壁画の大半が焼損したのが1949年1月26日だったからなんだ。また、1月は1年のうちで最も火災が発生しやすい時期なので、注意を促す意味もあるようだよ。

毎年、この日とその前後には、国の重要文化財や国宝に指定されている建物で防火訓練が行われるなあ。文化庁のホームページで、平成4年からのメイン会場の一覧が見られるけど、姫路城、法隆寺、松本城、仁和寺など有名なお寺やお城がずらりと名をつらねているよ。

文化財防災デーのメインページでは、防火訓練の様子が写真で見られるんだ。歴史ある建物の前で、消防ホースによる一斉放水が行われ、虹がかかっている様子は壮観だなあ。

文化財の搬出なんて訓練もあるみたいで、何やら大きな箱を持ったお坊さんが走っている写真もあったけど、うっかりしたお坊さんが、訓練なのに本物を持ち出して、転んで壊してしまったなんて事例はないんだろうか。僕は自分がうっかりなので、心配になってしまうよ。

今日は何の日のイラスト(1月26日:文化財防火デー)

ひやひやしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree