1月25日は日本最低気温の日


1月25日は日本最低気温の日だよ。

北海道の旭川市で、日本の公式記録最低気温の-41.0℃を記録したのが、1902年の1月25日だったんだ。旭川は北海道の中でも屈指の寒さで、1978年2月17日にも-38.1℃という最低気温を記録しているよ。これは公式記録の3位なんだ。

公式記録第1位の-41.0℃にちなんで、旭川の高橋製菓さんが「氷点下41度」というお菓子を出しているなあ。ちなみに高橋製菓さんは、創業者さんが長崎でカステラ作りの修業を積んだ人で、「ビタミンカステラ」という商品で北海道の人にはおなじみのお店なんだって。旭山動物園や旭川の雪まつりを訪れた際には、ぜひチェックしてみてね。

ところで、-41.0℃の世界ってどんなだろう。一説によるとバナナが凍ってそれで釘が打てるとか、お湯が一瞬にして雪に変わるとかするらしい。お湯が雪に変わる瞬間は、こちらの動画で見られるよ。

でも、映像を見ているだけでは、寒さはいまいち体感できないよね。ということで、マイナス41℃は無理だけど、マイナス30℃の世界が体験できるという、遊園地のアイスワールドに来ているよ。南極観測隊の人みたいな完全防備でのぞんだから、他のお客のみんなと違って、じっくり低温の世界を楽しむことができたなあ(・w・)/

しかし、問題は、気がついたら閉館時間がきていて、外から鍵が閉まっていたことなんだ。どうやら係の人が僕をアトラクションの人形と間違えて、お客は誰もいないと思って帰ってしまったらしいなあ。

今日は何の日のイラスト(1月25日:日本最低気温の日)

なにやら「八甲田山」って言葉が頭をよぎったんだけど、きっと大丈夫だよね。

うっかりしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree