1月24日は給食記念日


1月24日は給食記念日、全国学校給食週間の始まりの日だよ。

全国学校給食週間とは、学校給食の意義や役割について、児童生徒のみんなとお家の人たち、先生、地域の人々が理解と関心を深めるための週間とされているよ。1950年に、文部省によって毎年1月24日から1月30日がその期間と定められ、1951年から実施されているなあ。

じつは本来の学校給食記念日は、12月24日なんだけどね。これは戦後、1946年12月24日に、東京都・神奈川県・千葉県で学校給食が再開されたことを記念するものなんだ。ただ、12月24日には、多くの学校が冬休み期間に入っているんだよね。そこで、1か月ずらした1月24日を給食記念日とし、その日から1週間が全国学校給食週間とすることにしたんだって。

ところで、給食といえば、福島第一原発の事故による食材の汚染を心配して、子供にお弁当を持たせたいという保護者の要望が相次いでいるようだなあ。

文科省は、「給食には、栄養や食材の産地などを学ぶ教材としての役割もあるから、できれば食べてもらいたい」としつつも、「無理に食べさせるわけにもいかないし、納得してもらえないのなら仕方ない」として、お弁当をみとめる立場をとっているよ。わわわ、「絶対に安全です」とは言えないわけだね、やっぱり(・w・;

うーん、放射能汚染の実際のところはよくわからないけど、とりあえず、僕みたいについつい大盛りにしちゃってもりもり食べる子が、いちばんに病気になったりすることがないように祈りたいと思うよ。

今日は何の日のイラスト(1月24日:給食記念日)

びくびくしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree