1月15日は小正月


1月15日は小正月(こしょうがつ)だよ。

むかしむかしの日本は、望(ぼう)の日(満月の日という意味だよ)を月初めとしていたので、1月の望の日が1年のはじまりだったんだ。中国式の暦が導入されてからは1年のはじまりの日にはあたらなくなってしまったんだけど、本来はこの日が年明けだったということで、現在にいたるまで、この日には日本各地ではいろいろな伝統行事がおこなわれているなあ。小正月の行事は、地方によって違うんだけど、有名なものには小豆粥、どんど焼きなどがあるよ。

どんど焼きは、その年に飾った門松やしめ飾りを持ち寄って焼く行事で、お正月に迎えた年神様を見送る意味があるとされているよ。どんど焼きで焼いたお餅を食べたり、灰を持ち帰って家の周りにまいたりすると、その年は病気をしないと言われているんだ。また、書き初めを書いた紙を燃やすと、お習字がうまくなると言われているなあ。

わわわ、これはお絵描きにも応用できないかい? ということで、今年初めて描いたイラストを、近所のどんど焼きの会場に持って行ったなあ。もちろん、木の枝に刺したお餅も忘れずにね。ところが、僕がたき火に近付くと、にわかに強風が吹いてきて炎があおられ、絵やお餅じゃなくて巻いていたマフラーに火が移ってしもうたわあ。

今日は何の日のイラスト(1月15日:小正月)

わわわわ。この場合の今年の運勢はどう占えばいいんだろうね。というか、ぶじ今日を乗り切れるかなあ。

うっかりしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree