1月14日は愛と希望と勇気の日


1月14日は愛と希望と勇気の日だよ。

南極大陸で1年間置き去りにされていた樺太犬の兄弟「タロ」と「ジロ」が生きていたことが、1959年1月14日に確認されたことに由来するんだ。

タロとジロは、1956年、ほかの20頭の犬たちとともに、日本の第一次南極観測隊に同行し、南極の昭和基地で犬ぞりをひいたりして活躍していたよ。でも、悲劇は1958年の第二次観測隊との交代のときに起こったんだ。悪天候のため、日本から第二次観測隊の人たちを乗せてきた南極観測船「宗谷」は昭和基地に近付くことができず、第一次観測隊の人たちは、とりあえず犬たちを基地につないだまま、小型雪上機で宗谷に帰還したよ。

観測隊のみんなは、当初は、天気が落ち着いたら犬たちを救出しようと、宗谷で待機していたんだけどね。天気は回復せず、そのうち宗谷自体が遭難する可能性も出てきたので、第二次観測隊の派遣をあきらめ、犬たちをおきざりにして日本に戻ってしまったよ。このことで、観測隊は激しく非難されたんだ。

その1年後、タロとジロが生きていたことが分かって日本中が感動に包まれ、のちに映画やドラマにまでなったこの物語だけど、基地につながれていた15頭のうち、生き残ったのはタロとジロだけで、7頭は首輪につながれたまま死亡、のこりは行方不明ということを考えるとちょっとやりきれないね。

今日は何の日のイラスト(1月14日:愛と希望と勇気の日)

もし、僕がいっしょだったら、基地にのこっていたという食料をさがしだして、みんなに分けてあげることができたのになあ。

しんみりしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree