1月7日は人日の節句


1月7日は人日の節句(じんじつのせっく)だよ。

節句は、暦の節目で、伝統的な行事がおこなわれる日なんだ。人日は、年が明けて初めての節句で、ほかには3月3日の上巳(じょうし/別名桃の節句だよ)、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽(ちょうよう)の4つがあるなあ。

人日の節句の朝には、七草粥を食べる習慣があるよ。七草粥は、春の七草が入ったお粥なんだけど、これを食べる理由は、一年の健康を願うためとも言われているし、お正月の宴会で疲れた胃を休めるためとも言われている。中国から伝わった風習で、日本では平安時代に始まり、江戸時代には定着して、幕府の公式行事にもなっていたんだって。

七草がゆに入れる春の七草って、みんな7つ全部言えるかい? 「せり なずな|ごぎょう はこべら ほとけのざ|すずな、すずしろ、春の七草」という具合「|」のところで一呼吸置きながら調子よく言うようにすると、けっこう簡単におぼえられるよ。

さて、今日はうちでも七草粥のことをすることになったので、すずな(かぶ)とすずしろ(大根)以外は、植物図鑑を片手に近所の田んぼや川べりに行って採ってきたなあ。

そしておいしく七草粥を食べたんだけど、その後になって「セリは毒があるドクゼリと間違えやすい」って話を聞いたんだ。セリとドクゼリの違いは、セリ特有の香りがあるかないかと、根っこの形にあるらしい。わわわ、セリの香りなんか知らないし、根っこは見ていなかったなあ(・w・;

今日は何の日のイラスト(1月7日:人日の節句)

とりあえず今のところ無事みたいだけど、怖くてたまらないんだ。何もなければまた明日ね。

びくびくしている。

カテゴリー: 1月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree