6月23日は国連パブリックサービスデー


6月23日は国連パブリック・サービス・デーだよ。これはいわゆる国際デーと呼ばれるものの一つで、その点、6月17日の『砂漠化および干ばつと闘う国際デー』とおんなじだね。砂漠化くんをやっつけた6月17日の日記を覚えてくれているかい?

ただ、砂漠化や干ばつなんていうお話と違って、もう一つピンと来ないっていうのは、きっと僕だけじゃないと思うんだ。なんでも、今から9年前の2002年の国連総会で決められたもので、いろんな開発にあたって公共サービスが果たす役割の大切さを訴えていこうというものらしいよ。

この日には、国連公共サービス賞の授賞式なんかも行われていて、なんと去年は日本ではじめて、佐賀県がこの賞をもらっていたんだ。詳しくはこちらのページに載っているから、興味のある人はぜひご参考にね。

僕もこの佐賀県のように、公共団体と民間の人たちが力を合わせて、いろいろ改善していこうという動きには深く感心しているよ。こうなったらすぐに行動あるのみだね!ということで、いつもは民間の立場でがんばっている僕も、まずは公共の人の立場に立ってみるところから始めようと、今日は「一日主査」としてがんばってみたなあ。

今日は何の日のイラスト(6月23日:国連パブリックサービスデー)

署名とハンコで一日が終わる雰囲気がうまく出ているといいね(・w・)/

カテゴリー: 6月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree