1月5日は囲碁の日


1月5日は囲碁の日だよ。

「い(1)ご(5)」の語呂合せで、囲碁の棋士をとりまとめたり、囲碁の大会をおこなったりしている日本棋院という団体が定めた記念日なんだ。日本棋院は、毎年1月5日に、囲碁ファンと棋士の親睦を兼ねた打ち初め式を開催しているなあ。

囲碁は中国をルーツとするゲームで、日本に伝来したのは7世紀頃らしい。奈良の正倉院には碁盤と碁石が収められているよ。貴族を中心に広く遊ばれ、清少納言や紫式部も碁を楽しんだ言われているんだ。戦国時代の武将にも大いに好まれたらしいし、江戸時代には、幕府から禄をもらえる碁の家元制度が確立したり、庶民の娯楽としても定着したりしていったんだって。

ところで、囲碁に使う碁石って、白と黒だけかと思ったら、緑の碁石なんてのもあるんだなあ。白がうすい黄緑色、黒が深緑色に置き換えられているよ。目の疲れ防止のために、碁を趣味としている作家の夏樹静子さんが考えたんだそうだ。

そういえば、ご近所のおじいさんも碁をたしなんでいるんだけど、最近目が疲れるっていってたなあ。ようし、僕が緑に塗ってあげよう。ということで、おじいさんの碁石をペンキで緑に塗っていたら、それを見たおじいさんが

「ピクちゃん、それは宮崎産のはまぐりでできた碁石・・・」

と言って倒れてしまったよ。あれ、どうしてかい???

今日は何の日のイラスト(1月5日:囲碁の日)

その訳は、おじいさんを介抱したあと、家に帰ってネットで碁石について調べてみてわかったなあ。国産のはまぐりでできた碁石は、上等なものだと何十万円もするらしい (・w・;;

とりあえずアルバイトを探しにいってくるね。

うっかりしている。

カテゴリー: 1月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree